人物

鈴木英敬(武田美保の夫)wikiプロフィールや経歴は?年収や自宅も

1月13日(月)に放送される深イイ話2時間SPにあのオリンピックメダリスト武田美保さん一家が登場します。

そして夫の「鈴木英敬さん」とお子さんも出演して超多忙生活の模様が観られるようです。

調べてみると、なんと夫の鈴木英敬(すずきえいけい)さんは三重県知事でめちゃくちゃすごい人でした。

そんな武田美保さんの旦那さんは一体どんな人物なんでしょうか。

プロフィールや経歴、さらには気になる年収や自宅がどこにあるかについても徹底調査しましたよ。

題して「鈴木英敬(武田美保の夫)wikiプロフィールや経歴は?年収や自宅も」ということで、早速見ていきましょう〜!

武田美保の夫|鈴木英敬のwikiプロフィールや経歴!

出典:http://eikei.jp/profile/

 

この投稿をInstagramで見る

 

天皇皇后両陛下の御即位に伴い、京都御所にて開かれた茶会に、三重県の各界の皆様とともに夫婦で参列させていただきました。三重県からは、金メダリストの野口みずきさんもご一緒していただきました。 京都府知事に続いて機会をいただき、両陛下に対し、先日の伊勢神宮への「親謁の儀」に際して三重県にお越しいただいたことへのお礼を述べさせていただき、両陛下からは、三重県の皆様に大変お世話になりましたとの御趣旨のありがたいお言葉を賜りました。また、妻のアーティスティックスイミングに関する話題もお話いただき、感謝感謝です。 本日も両陛下のお優しい笑顔が本当に素晴らしかったです。

すずき英敬(えいけい)(@ak_suzuki)がシェアした投稿 –

画像を見るとめちゃくちゃ爽やかな男性ということがわかりますね!

武田さんとの2ショット写真もなんかおしどり夫婦間が漂っていて、好感度が高そうなイメージ。

一体鈴木さんはどんな人物なんでしょうか。

wikiプロフィール

鈴木英敬のwikiプロフィール

本名:鈴木 英敬(すずき ひでたか)

年齢:45歳(1974年8月15日)

出身地:兵庫県

中学:灘中学校

高校:灘高校

大学:東京大学経済学部

職業:三重県知事(元通産省官僚)

所属:無所属

鈴木英敬さんは政治家として活動するときは名前を「えいけい」と読ませて活動していますが、実際の読み方は「ひでたか」とのこと。

ネット上などでは名前を文字って「AK(えーけー)」なんて呼ばれているみたいですよ!

特筆すべき点は学歴。

日本でトップを争う偏差値を誇る、灘中・灘高を卒業して、さらには大学はあの東大!

めちゃくちゃ頭の良い人なんですね。

現在は三重県知事として活躍されていますが、前職は通産省の官僚ということで、エリート中のエリート!

すごすぎる!

経歴

気になる経歴はこちら。

・1998年 大学卒業後、通産省(現経済産業省)に入省して大臣官房総務課に所属する。

・その後、その後、経済産業政策局新規産業室、産業構造課勤務など、経産産業省官僚を約10年間務めあげた。

・2009年 衆議院議員総選挙に三重2区から自由民主党公認で立候補するが惜しくも落選。

・2011年 三重県知事選挙に出馬して見事当選。就任時点では36歳ということで全国最年少現職知事となる。

・2014年 2期目の出馬を表明。

・2015年 自民党と公明党の推薦を受けて再選を果たす。

・2019年 3期目に出馬して見事当選。任期は2023年まで。

・現職知事では初めて第一子、第二子ともに育休を取得して、「イクメンオブザイヤー」なども受賞の経歴がある。

いやーものすごい経歴の持ち主ですね!

経済産業省を務めるのは政治家の中でも選ばれしものなので、相当なエリートの証。

さらに現在三重県知事3期目ということで、三重県民からも絶大な信頼を誇る方であるのは言うまでもありません。

しかもイクメンだなんて、奥さんの武田さんは最高ですね!

武田美保の夫|鈴木英敬の驚きの年収や自宅も調査!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aコープ長島店前、ミホクインダストリ株式会社さん前にて街頭演説を行いました。大勢の皆様にお集まりいただきました!本当にありがとうございます!⠀ ⠀ 命より重いものはありません。伊勢湾台風から60年、県民の命を守る防災の取り組みについてお話しさせていただきました。⠀ またいかにして若い人たちに長島に定着してもらうかも大切なテーマです。中小企業小規模企業の支援策などと合わせて、地域の皆さんと一緒に取り組んでいきたいと思っています。⠀ ⠀ 引き続きご支援よろしくお願いします!⠀ ⠀ #鈴木英敬 #えいけい #三重県知事 #選挙 #桑名

すずき英敬(えいけい)(@ak_suzuki)がシェアした投稿 –

驚きの年収

鈴木英敬さんは三重県知事に初当選した2011年に

「全国一給与の安い知事」を公約に掲げて、特例条例を制定しました。

その時の年収が1,390万円!

一般庶民からすると高給取りですが、当時の全国の知事の中では最低年収。

そういった自らを犠牲にする考えも人気となって3選を果たした理由と言えるでしょう。

ただ、2016年にこの特例条例が廃止されることが県議会で決定され、現在は全国の知事並みの年収を得ているそう。

そして2018年の年収は

1,779万円と公表されています。

ものすごい額ですが、それだけ大変な働きをされているんだと思うので、妥当かなと思います!

自宅が豪邸?

豪邸がこちら。

出典:グーグルマップ

めちゃくちゃ広いじゃんと思ったら、なんと県知事公舎!

2011年から家族で公舎に住んでいるようです。

公舎って職場でもあるので住みづらくないのかな〜なんて思ってしまいますが、広いのでお子さんの遊び場とかも確保できて、逆に伸び伸び暮らせているのかもしれないですね。

でも、3期目が終了したら公舎は出て行かなきゃいけないので、家はどうするんでしょうかね。

まとめ

今回は「鈴木英敬(武田美保の夫)wikiプロフィールや経歴は?年収や自宅も」ということで、紹介させていただきました!

武田美保さんの夫、鈴木英敬さんは三重県知事として現在3期目で活躍されています。

肩書きもさることながら、子育てにも協力的で、しかも稼いでくれるという奥さんにとっては最高の旦那さんでした。

今後もいろいろな面で活躍されることを期待しています。

今回は以上となります。最後までご覧いただき、ありがとうございました!