スポーツ

ネリはライセンス剥奪で永久追放?井上尚弥との対戦は実現するの?

こんにちは、nabeです!

ボクシング界の問題児ルイス・ネリがまたしても試合前の計量で体重超過をしてしまったようです。

そのため予定されていた注目の一戦であるエマヌエル・ロドリゲス選手との一戦が中止になってしまいました。

過去には山中慎介選手との一戦でも体重超過をしていましたが、その時は試合は開催されて、山中選手は敗れてしまいました。

今回は、公平な対戦ができないとの判断でロドリゲス陣営側が試合の開催を受け入れずに中止となってしまったようです。

この対戦を楽しみにしていたボクシングファンも大勢いたと思いますし、井上尚弥選手との対戦の実現も期待されていただけに、ネリにはほとほと呆れてしまいます。

個人的にはスポーツ選手として有るまじき行為なのでボクシングライセンスの剥奪で永久追放が妥当ではないかなと思いますが、実際のところはどうなのでしょうか?

「ネリはライセンス剥奪で永久追放?井上尚弥との対戦は実現するの?」ということで調査したので、見ていきましょう〜!

ネリはライセンス剥奪で永久追放されるべき?

1ポンド(453グラム)もの体重超過した後、2時間の猶予が与えられたがギブアップしたとのこと。

453グラムの超過でもボクシング界からすると本当にありえないことですが、 ネリは過去に何度も体重超過をしています。

山中選手との時は1回目に2.3キロと大幅にオーバーして、再計量でも1.3キロもオーバーしています。

今年7月のパヤノ戦でも1回目で0.5ポンド超過したが、再計量でクリアしています。

今回は1ポンド超過なので、2時間もあれば必死でランニングとかして減らせられるレベルなんじゃないかと思いますが、チャレンジすらせず・・・。

最初からやる気がなかったんじゃないかと思うレベルです。

この件で、ボクシングファンからはライセンス剥奪して永久追放されるべきなどの批判の声が続々と上がっています!

実は過去に永久追放されていた!?

えっ!?って思うかもしれませんが、実はネリは過去に事実上の永久追放をされていたんです。

山中選手との試合の後に日本ボクシングコミッションはネリに対してボクシング活動停止処分を科して、事実上の永久追放を言い渡しました!

ですがこれは日本国内だけの話しです。

海外の試合には適用されないので、実際に去年に海外で復帰を果たして、現在はWBCのランキング1位に君臨しています。

個人的には今回の一件で、日本のみならず世界で永久追放してもらいたいと思っていますが実際のところどうなのでしょうか。

ライセンス剥奪で永久追放の可能性は?

こちらについては正式な発表はまだありませんが、今回で3回目の体重超過になるので、永久追放の可能性も高いんじゃないかと思います!

ファンの反応も永久追放処分を望んでいる声が多いので、WBCなども何らかの対応をしてくるんじゃないでしょうか。

永久追放されなくても、最低でも数年間の出場停止処分はとって然るべきだと思います。

ただ、実際に実力はあのメイウェザーも賞賛するほどのものなので、WBCもすぐには判断を下さずに様子を見る可能性もあるかもしれません。

そもそもバンタム級でやらずに自分の適正な階級にあげていればいいのに、何でバンタム級にこだわるんでしょうか。

本当に謎です・・・。

井上尚弥との対戦はありうる?

かねてから井上尚弥選手との対戦を期待されていたネリですが、今回の一件で井上尚弥選手が自信のツイッターでコメントを発表しています。

井上選手もネリが追放されるべきだと思っているようですね。

そりゃそうですよね。プロ意識が誰よりも高い井上選手ですから、こういったネリの体重超過は本当に許せないんでしょうね!

この井上選手の発言から見ても、ネリとの対戦は実現しないものと思われます。

実際に対戦したとしても、井上選手の敵ではないので、ボコボコにしてくれると思いますがね!

まとめ

いかがでしたか?

今回は「ネリはライセンス剥奪で永久追放?井上尚弥との対戦は実現するの?」ということで、紹介させていただきました!

個人的な予想や意見の範疇を出ませんが、ネリにはボクシングをやる資格はないと思うので、ライセンス剥奪して永久追放してほしいです。

そして、是非とも山中慎介選手との試合も無効試合とかにしてほしいというのが個人的な意見です。実際にそんなことをされても意味はないのはわかっているのですが、本当に腹立たしい。

万が一永久追放されないとしても、日本が誇るスーパースターである井上尚弥選手には絶対にネリとの対戦はして欲しくないと思います。

いずれにしても今後の動向に注目していきたいと思います。

今回は以上となります。最後までご覧いただき、ありがとうございました!